東芝、6000億円増資…上場廃止回避へ

1: 稼げる名無しさん 2017/11/20(月) 09:10:46.86
 
20171119-OYT1I50039-L


経営再建中の東芝は19日、取締役会を開き、約6000億円の資本増強を決議したと発表した。

 海外の投資ファンドなどを対象に、新株を発行する「第三者割当増資」を行う。これにより来年3月末までに半導体メモリー事業の売却が完了しなくても、2期連続の債務超過に陥らず、上場廃止は回避できる見通しとなった。

 東芝の財務面の不安は払拭ふっしょくされ、再建は大きく前進する。

 引受先は「もの言う株主」で知られた旧村上ファンドの出身者が運営する「エフィッシモキャピタルマネージメント」系の投資ファンドなどで60社。1株あたり、17日の株価より1割安い約263円で発行する。増資後はエフィッシモが出資する投資ファンドが約11%の株式を持つ筆頭株主になる。

(ここまで320文字 / 残り436文字)

2017年11月19日 23時33分
YOMIURI ONLINE 全文は会員登録をしてお読みいただけます
http://www.yomiuri.co.jp/economy/20171119-OYT1T50109.html?from=ytop_main3

1001: 以下名無しさんに代わりまして管理人がお伝えします 1848/01/24(?)00:00:00 ID:money_soku

 ってことは株価は・・・。

nn
ばっちり下げてるな。

続きを読む

Source: 稼げるまとめ速報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です