ビットコインプライベートのハードフォーク

ビットコインが上昇!

本題の前にビットコインのチャートを確認しておこうと思います。

ビットコインの日足チャート20180214

コインチェックのチャートなので少し実勢よりも安い価格にも関わらず、2本の線の両方よりも上に出てきました。

100万円の壁に向かっています。ここを一気に突き抜けると2月中にも120万円ぐらいまでの復活は十分にあり得るのではないでしょうか。

上昇要因としては、これから書くビットコインのハードフォーク(久しぶり)も影響しているのかもしれません。

ビットコインプライベート

今日は久しぶりにビットコインのハードフォークについての話題を書きたいと思います。

昨年末から今年1月にかけて多くのハードフォークが予定されていましたが、結局どれもグダグダな状況になっており、まとも達成出来ているものはないのですが、今回はそれなりに気合が入っているように見受けられるものです。

2月28日にビットコインは久しぶりにハードフォークを行い「ビットコインプライベート」なるものがフォークされるようです。

ビットコインプライベートのロゴ

名前がプライベートというところからも推測されますが、ビットコインプライベートの最大の特徴は、匿名性にあるといってよいのではないかと思います。

送金者や受取人が特定されないようになるようです。細かい技術的な話はこのブログの主旨に合わないので割愛しますが、気になる方は公式HP(ビットコインプライベート公式HP)から色々と調べてみてください。

ただ匿名性の仮想通貨は日本ではコインチェックのNEM盗難事件の悪イメージから規制対象になるかもなどのネガティブな動きが予想され、日本の取引所に上場される可能性は非常に低いと思います。

それでも海外取引所では上場される可能性は十分にあるうえに、Binanceとも交渉しているという事で、チャンスはあるかもしれません。

ZCL保有者も付与対象

今回のビットコインプライベートのもう一つの特徴は、ビットコイン保有者だけでなく、ZCL(ZClassic)というコインを保有している人も、1:1で付与されるというところです。

どうもビットコインプライベートの開発リーダーが、ZCLの開発者のようで、ZCLの価値を高めたい意図があるのでしょうね。

問題はビットコインとZCL、いずれかの仮想通貨保有者に1:1で付与されるという内容です。本当ぉ?て感じです。

なぜならZCLはこのニュースを受けて高騰しているとはいえ、現在1ZCL=0.018~0.019ビットコイン程度であり、ビットコインをZCLに替えておけば50倍以上もたくさんもらえる計算になります。

という事で、ビットコインプライベートを手に入れようと思うのなら、ZCLを保有しておいたほうが断然お得です。

ZCLはBITTREXやCryptopiaで購入できます。私も少しZCLを購入しておきました(注意:もう結構高くなっているので、自己責任でご判断くださいね)。

いうまでもなくZCLのキャピタルゲイン狙いと、ビットコインプライベートの受取りの両取りを狙います。

もちろん計画倒れという可能性もあり、リスクは当然ありますが、今回は面白そうという事でとれる範囲でリスクを取ってみようかなと思いました。

いつもご覧いただきありがとうございます。
このサイトが役立ったと思ったら、押してくださるとうれしいですm(_ _)m

仮想通貨ランキング

//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

仮想通貨投資を始めるためには!
まずは日本円の取引用の口座開設をしないと何も始まりません。私は大手取引所であるビットフライヤーの口座開設をオススメします。。仮想通貨レッツ・チャレンジ♪
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ビットフライヤーでアカウント開設(こちらをクリック
ビットフライヤーのアカウント開設を詳しく解説しているのはこちらをクリック
さらにマイナーなコインを手に入れるなら!
Binance(バイナンス)でアカウント開設(こちらをクリック
Binanceのアカウント開設を詳しく解説しているのはこちらをクリック

Source: ゼロから始める仮想通貨運用ブログ

コメントを残す